取扱案件
弁護士として、皆様方からよく頂戴するご質問の一つに、「ご専門は何ですか」というご質問があります。
しかしながら、現在の日本の多くの弁護士は、お医者さんのように「この分野が専門です」として、その分野のみを取り扱うということはしていないので、このご質問に答えるのは少し難しいことです。
ただ、私は、これまで、東京の有楽町・虎ノ門という立地にある事務所で執務してきていることから、やはり依頼者の方は会社(企業)の方が多く、またご相談内容は、契約書のチェックや細かいトラブルの解決という案件が多いので、「一般企業法務」が最もよく取り扱う分野ということになるのだと思います。
そのほか、「著作権(特に音楽著作権)」、「不動産(建物)明渡し」、「残業代請求」といった案件は、特に多く取り扱っていると思います。
もっとも、こうした案件でなくても、弁護士は、通常、どのような案件・訴訟にも対応しうる、基本的な法的思考能力を身につけておりますので、どのような案件でも、一度事務所にいらしていただき、ご相談いただければ、ご安心してお任せいただけると思います。
以下、私が、日常において主に取り扱っている案件につきご説明いたしますが、これらはあくまで一例にすぎませんので、もし以下の案件以外のことでもお困りのことがありましたら、ご遠慮なくご相談下さい。


一般企業法務・コンプライアンス関連
著作権関連
不動産明渡交渉・訴訟
残業代請求
民事訴訟・交渉案件
債務整理関連
家事事件
刑事事件